「キャリア」とは何か

「キャリア」という言葉を耳にするのは転職や職業を積極的に考える場合によく目にします。
「職業キャリア」のことを略してキャリアと言っているからです。
またニュースやドラマでは公務員試験「国家1種」に合格したエリートコースにのった「キャリア官僚」「キャリア組」という言葉もニュースなどで耳にしますね。

「キャリア」というと、普通の学校を出て、普通の仕事をしている私たちには縁遠いものに聞こえたりしばしばプレッシャーに感じる言葉でもあります。
「キャリアを積まなくては。」「私には何のキャリアもないから……。」など悩んでいる人もいるかもしれません。

キャリア(Career)という言葉は、ラテン語の「carrus(車道)」を語源としており「車輪が通った道」である人生の「轍(わだち)」を意味します。
職業に関わる社会学や教育学、心理学などの世界でさまざまな使われ方をし、人の人生の経歴そのものをとらえて「ライフ・キャリア」という考え方があります。
「ライフ・キャリア」の中で「職業・キャリア」はごく一部です。

よい生き方、人生を学び・考えることが「キャリア」を考えることであり、幅広くとらえて学び、自分らしいキャリアを選択することが幸せにつながると考えられています。

粘り強く努力すれば報われる

ある時期ダスキンの家庭用セールスのアルバイトをしていました。

もともと内気な性格な上に始めてのセールスの仕事、さらに移転したばかりでその地域の地理にも詳しくなく、しかも運転免許も取りたてという具合で後で社長の奥さんが言うところによると、この子で本当に勤まるのかたいそう心配したとのことでした。

それでも友人から紹介された仕事でもあり、とりあえずダメ元でやってみることにしました。

続きを読む

部下の想いを知った時に感動

仕事ではつらいことや悲しくなるようなことがあまりに多過ぎて、嬉しいことなんて今まで数えるほどしか憶えていないものですが、ごく稀にホントに涙が出そうなぐらい感動することもあるものです。

これまでサービス業に関わることが多かったので、取引先さんやお客さまとのやり取りでは何かと胸を打たれる場面もあったのですが、中には同僚に感動させられることもありました。

続きを読む

派遣パート時代の思い出としてオーナーの”ありがとう”の言葉が嬉しかった

辞めてしまってもう数年になりますが、何かあるたびに思い出すのが、そこでお仕事をしていた時のことです。

仕事と言っても、正社員などではなく派遣パートだったので、一部の人には「気楽な仕事じゃん!」と思われるかもしれませんが、そこは、従業員の殆どが家族といった何処にでもある普通の個人経営のお店でした。

続きを読む