粘り強く努力すれば報われる

ある時期ダスキンの家庭用セールスのアルバイトをしていました。

もともと内気な性格な上に始めてのセールスの仕事、さらに移転したばかりでその地域の地理にも詳しくなく、しかも運転免許も取りたてという具合で後で社長の奥さんが言うところによると、この子で本当に勤まるのかたいそう心配したとのことでした。

それでも友人から紹介された仕事でもあり、とりあえずダメ元でやってみることにしました。

当時家庭用セールスといえばモップを何本か持って一件づつ戸別訪問するというものでした。

1,2回先輩のセールスマンに付いて各家庭を個別訪問した後は一人でセールスをすることになりました。

一件づつ戸別訪問してモップのレンタルの契約を取り、顧客を増やしていきながら契約の取れた家はレンタルモップの交換に伺うという訳です。

それでも始めはとにかくゼロからだったので、その日にまわる範囲を自分で決めて一件ずつ個別訪問することにしました。

そしてまわったところは地図を塗りつぶしていくという方法でくまなく訪問することにしました。

当時は今より人々の懐疑心は強くなかったとは思いますが、個別に訪問すると家の人々の反応はさまざまでした。

最期まで話しを聞いて断られる丁寧な対応の方もいれば、門前払いを受けたり、怒鳴られることすらありました。

一日モップを持って歩き回っても契約が取れないと事務所に帰る足取りは断然重くなります。

夏の大変暑い時期には特に外回りの仕事はキツイと感じました。熱中症にならないように途中で水分補給を何度かしますが、その時には自販機の存在が大変有難かったのを思い出します。

そうやって一軒一軒くまなく訪問して少しづつ顧客数を増えていきました。

ある地域の契約数が一定量になると、今度はレンタルするコース地域別に分けてレンタルのモップの交換をしながらさらにセールスをして顧客を増やしていくという風にしていきました。

そんなある時、社長から家庭用のレンタルで成績のいい人が表彰されるんだけどその中に私の名前も含まれているとの報告を受けました。

今回は東京湾で屋形船で食事をしながらの表彰式とのことでした。

あいにくその日は都合で表彰式に出席することが出来なかったのですが、その時には始まりがどんなに大変そうに思えても、粘り強く努力を重ねていけば努力は報われるということを実感しました。

その時の経験は内気で自信のなかった私に大きな自信を与えてくれるものとなりました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*