母と娘二人三脚で戦い抜いた

私には娘がいます。田舎で私は自宅で近所の子供達にピアノを教えてます。娘が幼い頃は 遊び道具の一つとして娘にピアノを触らせている程度でした。

生徒さんのお稽古が優先になりお稽古と日々の育児で 娘のピアノまで手が回らないのが正直な話をでしたが 娘もピアノをきちんと弾きたいようで 祖母の意見として きちんと娘の時間も生徒さんの時間と同じく仕事の中に入れてお稽古する事。

お稽古の時間は母と娘ではな先生と生徒してきちんとお稽古する事を提案され私はその提案を取り入れました。

娘も他の生徒さん同様にお稽古するようになりその内気がつけば娘は実力をつけ始めました。その実力を計るにあたり試しにピアノコンクールに出る事にしました。

コンクールには私の先輩の娘さんも同じ年で同じ部門に出場してました。先輩もピアノの先生をされていて条件は私と同じでした。

結果は先輩の娘さんは最高の賞を頂いてました。入選さえしてなくて 私はとても悔しいかった事を覚えています。娘はまだ幼くて意味が分からなかっなようですが 私は来年こそは先輩の娘さんに勝ちたいと誓った娘の初めてのピアノコンクールでした。

それから小学生の間は毎年必ず同じコンクールに出ました。勿論 先輩の娘さん出場してました。

結果は娘が賞を受賞しても 先輩の娘さんも入賞してたりで その内 子供達もお互いライバル意識を持つ年頃になりました。子供達も成長して私と娘は二人三脚でずっと頑張ってお稽古してますが 先輩の娘さんは大学の教授のお稽古を受け始めたと聞きました。

正直やられたと思いました。それを聞いてのピアノコンクールでした。演奏順を聞いてショックを受けたのは私だけで無く言葉にしなかった娘もそう思ったに違いありません。先輩の娘さんの後が我が娘でした。私の心臓は爆発寸前でした。

沢山の出演者がいましたが眼中はずっと勝つ事の無かった同じコンクールでの戦い。大学教授のお稽古を受けてコンクールに望んだ相手。

私達親子は二人三脚で望んだコンクール。小学生中学生と中々勝てずにいました。

このコンクールは高校生部門までで チャンスはこれで最後 高校生部門で賞を受賞する意味はとても大きな意味がありました。演奏が始まり 相手の演奏をドキドキしながら聞きました。アレ アレ?と言うのが 私の感想でした。

音色が変わってる 教授の音色かな?それが良いのかな?私は昨年までの演奏 音色が良かったのに と コンクールを忘れて聞いてました。

これは娘は普段通り演奏出来れば何とかなるかな?と思うと又ドキドキし始めました。娘は落ち着いて 普段通り演奏出来ました。演奏が終われば 身体の力が抜けて結果はどうでもよくなりました。結果発表の時がきました。

先輩達は 絶対自分達は受賞するんだと言うおおらが出てましたが 発表が始まり 下の受賞者から発表があり我が娘が呼ばれるのあればこの賞かと思いましたが呼ばれず諦めかけた瞬間 素晴らしい賞で名前を呼んで頂きました。

涙が震えが止まりませんでした。最高部門での最高の賞を頂きました。先輩の娘は残念ですが入賞ならずでしたが 幼い頃から負け続けてきましたが 一気に吹っ飛びました。

娘と諦めず頑張って来て本当に良かったと思う瞬間でした。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*