キャリアについて学ぶ

【動画】職場を良くしてキャリアを積む

「職場をもっと良くしたい」と思っても、なかなか一人では行動できないもの。
そんなときには、あなたの会社に「労働組合」があるか確認してみましょう。
もしあれば、労働組合には「方針」がありますので、どんな方針で運営されているのかを聞いて
「もっと職場をよくしたいのに」という相談に乗ってくれるかどうか聞いてみましょう。

下記の動画は日経新聞でも取り上げられていましたが、ミツトヨ労働組合の「ご機嫌な職場づくり運動」のインタビュー動画です。

きっと、労働組合活動は業務とは別に取り組む運動ですから少しのことしかできていないのではないかと思います。
ほんの少しのことでも、働いている職場のみんなで取り組めば、組織が変わるってことがあるんだなという希望が感じられます。

続きを読む

自身のキャリアを順調に開発したいなら

自分自身の「価値観」を意識したことがありますか?

価値観は職業、職場、組織、自分自身の負う役割に知らず知らず影響してきます。
あなたの価値観が、自身のキャリア、所属する組織へ影響します。

それは、あなたの価値観の話でもあるし、職場の仲間の価値観の話でもあります。

キャリア・アンカーとキャリア・サバイバル

エドガー・シャインというアメリカの組織心理学者によって提唱された概念をご紹介します。

続きを読む

なぜ働かなきゃいけないの?働く理由

「どうして働くの?」「なぜ働くの?」この素朴な質問に即座に答えられますか?

なんらかの職業に就いている人も、仕事の経験から自分なりに何かを感じているかもしれませんが言葉にしたことがなかったり、そもそも考えたこともないという人も多いのでは?

わが子から「どうしてお仕事にいくの?お仕事にいかないで。」と玄関口で言われて心にグサッっときたというエピソードを聞くこともあります。

私たちはなぜ働くのでしょうか。
私たちが働くのは「生活のため、安定した暮らしのため」でしょうか?
では、働かず暮らす手段はないのでしょうか?今の仕事をする意味は?

続きを読む

「キャリア」とは何か

「キャリア」という言葉を耳にするのは転職や職業を積極的に考える場合によく目にします。
「職業キャリア」のことを略してキャリアと言っているからです。
またニュースやドラマでは公務員試験「国家1種」に合格したエリートコースにのった「キャリア官僚」「キャリア組」という言葉もニュースなどで耳にしますね。

「キャリア」というと、普通の学校を出て、普通の仕事をしている私たちには縁遠いものに聞こえたりしばしばプレッシャーに感じる言葉でもあります。
「キャリアを積まなくては。」「私には何のキャリアもないから……。」など悩んでいる人もいるかもしれません。

キャリア(Career)という言葉は、ラテン語の「carrus(車道)」を語源としており「車輪が通った道」である人生の「轍(わだち)」を意味します。
職業に関わる社会学や教育学、心理学などの世界でさまざまな使われ方をし、人の人生の経歴そのものをとらえて「ライフ・キャリア」という考え方があります。
「ライフ・キャリア」の中で「職業・キャリア」はごく一部です。

よい生き方、人生を学び・考えることが「キャリア」を考えることであり、幅広くとらえて学び、自分らしいキャリアを選択することが幸せにつながると考えられています。